少年時代・・・美味探訪弁当第24弾!

五月の中ごろになると少しずつ汗ばむようになり、春は終わりを告げ、夏の始まり
を感じさせてくれる。
六月になればジメジメと肌に嫌な湿気がまとわりつき、梅雨の到来を意味する。
私は幼少の時から梅雨は苦手で、学校が休みになると親に連れられ、
電車に一時間程揺られて行く日光が大好きだった。
そんな私も三十を過ぎ、好きだった日光へ行く事も疎遠になり、あの頃の思い出を
思い出す事もなくなった。
ふらっと仕事帰りに立ち寄ったデパ地下で、売り子さんに声をかけられた。
「今だけの限定商品なんですよ」
「予約商品になります」
自分が小さい人間だとつくづく感じるのは「今だけ」と「限定」という人を焦らせ
る言葉に非常に弱い処だ。
その人の方へ顔をやると竹筒のような箱に入ったお弁当が目に入った。
竹筒を見た瞬間、日光の景色がパッと目の前に広がり、
あの頃の少年時代が甦った。
その弁当が紹介されているチラシを無意識につかんでいたようで、
売り子さんの「どうかなさいましたか」の声でふと我に帰った。
「ああ、そうなんですか?今だけのねぇ」
チラシを見れば追い打ちをかけるように予約限定の四文字熟語。
売り子さんが話しかけるよりも早く私の方が
「予約は何時迄に?」
「今度の日曜日にもらえるのかな?」
と、心はすでに決まっていた。

若竹御膳、青々とした竹の柄の様相は紙器とは思えない形で、モノクロの少年時代
はやがて鮮やかなカラーへと変わる。
料理は姫筍や穂先筍といった物を使用し、鯛のご飯に蓬豆腐など初夏を演出した
盛付で食べる人の好奇心をくすぐる。

若竹御膳 【税込2,200円】

サイズ・・・27.5cm×12.5cm×H7.9cm

今週の日曜は息子を連れて、少年時代を訪ねてみよう・・・

※販売期間4月25日~6月30日お渡し分迄のご予約商品となります
 また、例年早く売り切れる 人気商品でございますので、お早目に
 ご注文くださいませ。
 各百貨店店頭の他、デリバリーでのご予約承り中です!!

カテゴリー: 明神下みやび, 神田明神下みやび (デリバリー)   パーマリンク